深浦町長による講演会「深浦町が目指す『地方創生』」を開催しました。

2015年05月22日

本学では、幹部級職員を主な対象とした社会連携や地域貢献にかかるFD・SD事業の第8回目として、青森県深浦町長による講演会「深浦町が目指す『地方創生』」を、平成27年5月19日(火)に弘前大学創立50周年記念会館岩木ホールで開催しました。

この講演会は、先に行われた青森県基本計画等に関する説明会や、青森市長による講演会等に続くもので、地域志向大学として県内全域での地域貢献活動を一層推進していくために、青森県東青地域の現状や同地域の将来ビジョンに関する見識を深めることを目的として開催されました。

講演会には、佐藤学長をはじめ、役員、部局長、教育研究評議員など幹部職員らが、また、弘前市や弘前商工会議所など、学内外合わせて53名が出席。講演者の吉田満深浦町長からは、深浦町の現状について、過去に行われた「まちづくり住民アンケート結果」を元に、町産業振興・生活環境改善のための取組として7つの事業説明があり、途中「深浦マグロ」についての動画も交えながら紹介されました。

さらに、「第2次深浦町総合計画」についての取組として、定住促進プロジェクト、第一次産業と観光業の融合による地域振興プロジェクト及び、地域医療・地域包括ケア推進プロジェクトの3つのプロジェクトについても紹介があり、弘前大学との一層の連携強化、充実を進めていきたいとの抱負が述べられました。

深浦町長講演会 深浦町長講演会

ページ上部へ戻る
トップページ