平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の選定について

2015年09月29日

平成27年度に文部科学省が公募した「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」において、この度、弘前大学が申請した『オール青森で取り組む「地域創生人財」育成・定着事業』が選定されました。

今回のCOC+公募では、全国の国公私立大学・高等専門学校より56件の申請があり、うち40件が採択されております。

弘前大学は平成26年度に「地(知)の拠点整備事業(COC)」に採択され、地域を志向した教育・研究・社会貢献を進めておりますが、この度選定されたCOC+事業では、青森県内の他大学、自治体、企業等との連携を一層強めることにより、地域が一体となって、青森県内における雇用創出や地元定着率の向上を推進してまいります。

事業名:オール青森で取り組む「地域創生人財」育成・定着事業

事業協働機関

(1)参加大学 :青森県立保健大学、東北女子大学、八戸工業大学、弘前学院大学、
         八戸学院大学、青森中央学院大学、弘前医療福祉大学、
         青森中央短期大学、八戸工業高等専門学校

(2)参加自治体:青森県、青森市、弘前市、八戸市、むつ市

(3)参加企業 :約100社(県内企業・NPO等)

ページ上部へ戻る
トップページ