「ひろだいパワーアップカンファレンス~弘前大学のこれからを担う人財力を考えよう!~」を開催しました。

2015年12月10日

平成27年12月9日(水)に、弘前大学若手職員(会津、畠山、佐藤、細田)の企画による「ひろだいパワーアップカンファレンス~弘前大学のこれからを担う人財力を考えよう!~」を開催し、本学若手職員22名と本学学生11名が参加しました。

「ひろだいパワーアップカンファレンス」は、学生とともに大学を盛り上げていきたいと考えた若手職員達が平成26年度から実施している『学生と事務職員で取り組む、新しい大学』プロジェクトの一環として企画され、「弘前大学のこれからを担う人財力を考えよう!」をテーマに、これからの本学に必要な人財力を職員・学生ともに実感し、今後大学改革に協働で取り組んでいくきっかけとすることを目的に実施されました。

佐藤学長による講演と、他大学における取組事例を紹介した後、4班に別れて、「学生・地域と大学でできる取り組みとは?」をテーマとしたワークショップを行いました。

ワークショップでは、「学生」「地域」をキーワードに、弘前大学を「学生」「地域」にとって「よりよい大学」としていくための具体的な事業案を考えることとし、「職員と学生の交流会の開催」や「地域の方々への学内施設の開放」等、様々なアイディアが提案され、活発な議論が交わされました。ワークショップには本学COC事業で地域人財活用のコーディネートを担当するCOC推進室の野口助教も参加しました。

参加者からは「もっと職員と交流したいと思えるようになった」「学生や地域の人の視点で考えることの重要さを実感した」等の感想が寄せられました。

佐藤学長 ひろだいパワーアップカンファレンス

ひろだいパワーアップカンファレンス ひろだいパワーアップカンファレンス

ひろだいパワーアップカンファレンス ひろだいパワーアップカンファレンス

ひろだいパワーアップカンファレンス ひろだいパワーアップカンファレンス

ひろだいパワーアップカンファレンス ひろだいパワーアップカンファレンス

ひろだいパワーアップカンファレンス ひろだいパワーアップカンファレンス

ページ上部へ戻る
トップページ