平成28年度弘前大学起業家塾(第2回目)を開催しました。

2016年07月06日

平成28年7月1日(金)、弘前大学総合教育棟4階406講義室において、「弘前大学起業家塾第2回目」を開催しました。

本起業家塾では、レンタルラボ等のインフラを活用し、学生や研究者を対象に、実際の起業家等による講演及びワークショップを中心とした起業家育成プログラムを実施することで、起業への意識醸成を図り、起業(VB)の促進、研究シーズ等を活用した起業家の育成及びイノベーションの創出を目指します。今年度は、第1回目から第3回目までは講演及びワークショップ形式での開催となっており、ワークショップでは参加者がグループを組んで演習を行ってまいります。

今回の講演及びワークショップは、東京大学 産学協創推進本部 助教 菅原岳人 講師を招き「事業設計・ビジネスモデルのワークショップ」と題し、ビジネスモデル、事業設計の基礎を発想法の一つでもあるマンダラートやLeanCanvas(リーンキャンバス)を用いた演習や、起業の不都合な真実(Startup)、最小限のビジネスモデルを構築し何度も仮説検証することの重要性などを解説していただきました。

当日は学生、教員、企業関係者など32名が受講し、講演中及び講演後も塾生から菅原講師に多数の質問が寄せられるなど熱心な意見交換が行われました。

起業家塾 起業家塾

ページ上部へ戻る
トップページ