地域教育プロジェクト「バックパッカーを通して見えてきた世界と青森」を開催しました。

2017年06月14日

平成29年6月5日(月)、弘前大学総合教育棟313講義室にて、地域教育プロジェクト「バックパッカーを通して見えてきた世界と青森」を開催し、本学の学生24名、教職員6名が参加しました。

平成29年2~3月の春期休暇にて、ベトナム・カンボジアを個人渡航した下川弘喜さん(人文社会科学部2年)が2カ国を旅して発見した世界の現状と、地元青森の魅力と課題、そして、見えてきた学生生活で取り組むべきものについて報告しました。

海外渡航によって青森地域への愛着を強めたという下川さんの報告は、海外志向の学生に対し、青森地域の面白さを感じてもらう良い機会にもなりました。

人文社会科学部の近藤先生からは、海外渡航の際に本学が学生に義務づけている安全対策や、事件事故防止・感染症予防等のノウハウについて報告があり、学生の安全意識の向上を図ることができました。

バックパッカー バックパッカー

ページ上部へ戻る
トップページ