給食用冷凍りんごのマーケティングリサーチ インターンシップ生募集!

2017年12月25日

木村食品工業

インターンシップ募集要項(PDF)

問合せ先:弘前大学COC推進室室員 西村
k-nishi@hirosaki-u.ac.jp

目指せ!次世代のりんご加工品の開発!! ―青森りんごのFarm to Table―

現在、青森県では、青森が世界に誇る「食の豊かさ」に着目して、農水産品の6次産業化を進める「食でとことん」プロジェクトを実施しています。

平成29年度から、弘前大学の要請のもと、木村食品工業は「食でとことん」に代表される6次産業化をさらに推し進めるために、6次産業化の現場で「即戦力」として働くことができる人材の育成にチャレンジしています。

平成29年度は冷凍りんごのパッケージ開発に挑戦しました。平成30年度は、パッケージを含めて、給食用冷凍りんごに対して、関連業者や消費者はどのような印象や思いを持っているのか調査します。

調査に関しては弘前大学の教員(リーダー:石塚哉史准教授)がサポートします。

期間 平成30年1月~2月の約8週間
※期間中は週に1~2回程度活動する(演習型の授業が1コマ増える程度の負担)
活動条件 活動条件については応相談
【勤務場所】木村食品工業(平川市)および弘前大学
対象 ・農水産品の6次産業化に携わりたい学生
・青森を舞台に、卒業後、即戦力として働きたい学生
活動内容 募集要項をご確認ください
申込方法 参加を希望する学生は弘前大学COC推進室室員 西村までメールでお問い合わせください。
※具体的な申込方法については、個別にお知らせいたします。
弘前大学COC推進室スタッフが個別相談に応じます

インターンシップに参加を希望する方、インターンシップの参加に悩んでいる方、自分にとって意味のある悩んでいる方などは、まず個別の相談をお申込みください。皆さん一人ひとりに合わせて相談に応じます。エントリーの決心がついたら、皆さんが想像しているインターンシップの内容、得られること(得られる力)などにギャップがないか相談を通して確認します。

ページ上部へ戻る
トップページ