「弘大じょっぱり起業家塾」を開講しました。

平成30年7月23日(月)、創立50周年記念会館岩木ホールにおいて、「弘大じょっぱり起業家塾」を開講しました。

開講式には、塾長の石川社会連携担当理事、伊藤教育担当理事、郡研究担当理事、森副理事、そして受講生19名が出席。石川塾長から「本学が提供する起業家プログラムを有効に活用いただき,様々な地域の課題に取り組んでもらいたい。」と挨拶があり、森副理事から本起業家塾の概要説明、そして受講生を代表して本学理工学部2年山口剣さんが「この起業家塾プログラムを通じて、起業家マインドを持った地域で活躍できる人材を目指したい。」と抱負を語っていました。

開講式に続き、株式会社BOLBOPの茂木崇史代表取締役社長を招き「起業でいちばん大切な事~あなたは何故起業するのか~」と題した、第1回目の講義を行いました。講義では、 茂木社長自身の起業に至るまでの歩みを紹介した後、動画を活用してリーダーシップで大切なことを考えさせたり、起業に対する考え方などが論じられました。また、「なぜ起業したいのか」、「起業して向き合いたいテーマ」など 茂木社長からの質問に、隣席の受講者同士で話し合いの時間を設け、受講者間での情報交換を図りました。

本起業家塾は、平成30年9月まで7回の講義を通じ、起業や地域ビジネスに関する基本を学び、その後は、地域ビジネスに関わる経営学のセオリー、起業家の講演から学ぶ事例研究、事業計画の策定などを通じ、柔軟な発想力や高い企画提案力を身につけ、起業家マインドを持つ「じょっぱり起業家」として地域で活躍できる人材を育成していくこととしています。

じょっぱり=津軽弁で意地っ張りの意。
「じょっぱり起業家」とは困難な状況にもしなやかに適応し,強い郷土愛を兼ね備えた起業家のことをさす。

じょっぱり起業家塾 じょっぱり起業家塾

「弘大じょっぱり起業家塾」の詳細はこちら

ページ上部へ戻る
トップページ