地域教育プロジェクト「町内会の若者参画を促せ!in 藤崎町」が開催されました。

平成30年9月20日(木)、藤崎町ふれあいずーむ館にて地域教育プロジェクト「町内会の若者参画を促せ!in 藤崎町」が開催され、弘前大学の学生6名が参加しました。

「町内会に若者を巻き込むには?」というテーマで、藤崎町の町内会長の方々と参加学生がワークショップをおこない、実現に向けてのアイディアを出し合いました。

各町内会の既存の取り組みに対し、若者でもある学生の視点を盛り込んだ形のアイディア出しとなりました。結果として、どれも実現可能性が高いアイディアとなり、「早速取り組んでみたい」と意気込まれた町内会長もおられました。

賛同が多く集まったアイディアとしては、「防災訓練と自然体験を織り交ぜた防災キャンプの実施」、「環境教育も意識したホタル鑑賞会」がありました。2つの案の共通点としては、「子どもと保護者も楽しめるイベント」が挙げられます。

ワークショップを仕切るファシリテーターに初挑戦した学生からは、「手応えと課題の両方を得ることができ、とても勉強になった」という感想がありました。授業で学んだワークショップのスキルを、地域で実践できたことは貴重な経験になったはずです。

地域教育プロジェクト 地域教育プロジェクト

ページ上部へ戻る
トップページ