「青森県内病院就職相談会&ホスピタルカフェ2018」を開催しました。

2018年11月27日

平成30年11月17日(土)、「青森県内病院就職相談会&ホスピタルカフェ2018」をヒロロスクエア市民文化交流館ホールにて開催しました。

青森COC+推進機構が掲げる「大学生の県内定着」において、特に県外流出が著しい看護・医療系学生(コメディカル学生)の県内定着は大きな課題となっていることをふまえ、弘前ブロック構成校(弘前大学、東北女子大学、弘前学院大学、弘前医療福祉大学)と青森県が中心となって企画運営を行い、学生が青森県内の病院を知るための機会を設けました。県内病院を知ることを出発点に、インターンシップや就職に繋げていくことを目的としました。

当日は青森県内のコメディカル系の大学生(弘前大学、東北女子大学、弘前学院大学、弘前医療福祉大学、青森県立保健大学、青森中央学院大学)と高校生(黒石高校)の計92名と、本企画の主旨に賛同した青森県内の24病院と県看護協会の関係者計90名が参加しました。

青森県内病院就職相談会では、各病院が個別ブースを設け、施設の概要や特徴、研修制度や就職までの流れなどについて説明しました。多くの学生が終了時間間際まで各ブースを回り、情報収集していました。

また、ホスピタルカフェでは、各病院の若手医療従事者と学生との交流会が和やかな雰囲気の中でおこなわれました。院内の雰囲気や給料のことなど、普段の病院説明会などでは質問しにくいと学生が感じていることも、積極的に聞くことができた様子でした。異なる病院の医療従事者同士の交流も行われていました。

参加した学生からは、「気になる病院の見学やインターシップに行ってみようと思った」、「年1回の実施はすごく残念、もっとやって欲しい」、参加病院からは「地元志向の学生が多いことに驚いた。県内病院のアピールがもっと必要だと感じた」といった感想がよせられ、コメディカル学生の県内定着に向けての取り組みの効果を感じることができました。

就職相談会とホスピタルカフェ 就職相談会とホスピタルカフェ

就職相談会とホスピタルカフェ 就職相談会とホスピタルカフェ

就職相談会とホスピタルカフェ 就職相談会とホスピタルカフェ

就職相談会とホスピタルカフェ 就職相談会とホスピタルカフェ

ページ上部へ戻る
トップページ