「コーディネート研究会」を開催しました。

2018年12月18日

平成30年12月12日(水)、雇用創出連携プロジェクト(アグリ分野)が協力・支援している「コーディネート研究会」の第1回研究会をヒロロスクエア多世代交流室において開催し、青森県内の産学官連携の実践者や研究者など21名が参加しました。

この研究会は、青森県内の産学官金等、多様な機関における各種コーディネート業務に従事するメンバーが主体となり、地域活性化、地域振興に資することを目的とし、ひろさき産学官連携フォーラム内に、平成29年9月に設立されました。

農林水産品の付加価値化、農商工連携・6次産業化の推進支援を通じて、雇用創出を実現することを目指す当該プロジェクト分野では、平成30年より企画・運営支援を開始しました。

当日は、宮崎大学 産学・地域連携センター 産学・地域連携部門 産学官連携コーディネーターの西片奈保子氏が「農林水産物生産拠点宮崎における産学官の挑戦」と題して講演し、その後講演者と参加者による活発な議論が行われました。

コーディネート研究会 コーディネート研究会

ページ上部へ戻る
トップページ