「弘前大学地域創生本部設置記念講演会」を開催しました。

平成31年1月15日、弘前大学創立50周年記念会館みちのくホールにおいて、「弘前大学地域創生本部設置記念講演会」を開催しました。

この講演会は、地域連携を戦略的かつ一体的に推進することを目的に平成30年10月地域創生本部(本部長・佐藤敬学長)が設置されたことを記念したもので、講師に三村申吾青森県知事を招き、会場には、幹部職員・教職員・学生、連携協定を結ぶ自治体・金融機関の関係者約300人が集まりました。

三村知事は,2019年度からの『青森県基本計画「選ばれる青森」への挑戦』について講演し、この中で、最重要課題は「人口減少克服」と捉え、人口減少に立ち向かう「攻めの農林水産業」、交流人口拡大の原動力となる「立体観光」、同大COI拠点プロジェクトとの連携強化など、これまでの取組や成果を身振り手振り、ユーモアを交え躍動的に解説し、『人口減少克服への道のりは決して平坦ではない、それでも、県民の皆さんが、「ここに生まれて良かった」「ここで暮らして良かった」と思えるような、幸福感にあふれる青森県をつくっていきたい。前例にとらわれず、新たな取組にも臆することなく、強い意志を持って取り組んでいく、新しい計画のもと、県民の皆さんと一緒に、積極果敢にチャレンジする!』と締めくくり、会場からは割れんばかりの拍手が響き渡り、参加者からは、「知事の意気込みを感じた」、「たいへん参考になった」、「お話しが具体的でわかりやすかった」など好評を得て、本講演会は盛会に終了しました。

三村知事 三村知事

ページ上部へ戻る
トップページ