「ホスピタルカフェ in ひろさき2019」を開催しました

令和元年11月30日(土)、「ホスピタルカフェ in ひろさき2019」を弘前大学大学会館3階 大集会室にて開催しました。

ホスピタルカフェは、県外流出が著しい看護・医療系学生(以下、学生という)の県内定着が大きな課題となっている青森県の現状を踏まえ、県内病院の看護師等の若手スタッフと学生が交流し、学生が県内病院や就職後の働き方等を知ることを出発点に、インターンシップや就職に繋げていくことを目的に行っております。

当日は、青森県内の学生(弘前大学、弘前医療福祉大学、東北女子大学、弘前市医師会看護専門学校)37名と、県内12病院の関係者が参加しました。カフェでは、和やかな雰囲気の中、各病院の若手スタッフと学生が交流を行い、病院内の雰囲気、就職後のキャリアパスや私生活など、普段の病院説明会では聞きにくい内容について積極的に質問していました。

参加した学生からは、「来年度以降もイベントを続けてほしい」、「今後の学生生活で頑張るポイント、実習で気を付けるポイントの話が聞けて大変参考になった」といった感想が寄せられ、学生の県内定着に向けて効果が期待されるものとなりました。

ページ上部へ戻る
トップページ