COC事業概要

地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)とは

地(知)の拠点整備事業=大学COC(Center of Community)事業は、大学等が自治体を中心に地域社会と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を進める大学等を、文部科学省が支援する事業です。

課題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的としています。

文部科学省 地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)

弘前大学の地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)概要

平成26年度「地(知)の拠点整備事業」で採択された「青森ブランドの価値を創る地域人財の育成」は、青森県における人口減少等の地域課題克服に向け、青森を愛する気持ちを礎として新しい未来を切り拓き、地域の産業・生活・社会システムに新たな価値を創造できる「青森ブランド地域先導人財」を育成します。

本事業では、青森県、弘前市及び地域企業との協働により、青森県が抱える多種多様で分野横断的・複合的な課題を解決するため、産官学民のネットワークを整備し、育成する人財像、教育内容等への地域ニーズの反映、自治体職員・地域人財の教育参画を得て、地域志向教育を実践し地域に還元するものであり、弘前大学の教育・研究・社会貢献が一体となって地域を志向し、地域の課題解決に挑み、地域再生・地域活性化の実現に貢献します。

弘前大学COC事業 概要

弘前大学 地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)概要(PDF)

▼弘前大学 地(知)の拠点整備事業 リーフレット

弘前大学COC事業 リーフレット

弘前大学 地(知)の拠点整備事業リーフレット(PDF)

▼弘前大学 地(知)の拠点整備事業 広報ポスター

弘前大学地(知)の拠点整備事業 COCポスター

弘前大学の取り組み

弘前大学は平成26年度に、文部科学省「地(知)の拠点整備事業」に採択されました。人口減少等の課題を克服し、「青森ブランド」価値の創造を目指す青森県、「笑顔ひろさき」プロジェクトを進める弘前市と協働し、青森を愛する気持ちを礎として新しい未来を切り開き、地域の産業・生活・社会システムに新たな価値を創造できる「人財」を育成することを目的としています。

ページ上部へ戻る
トップページ