関連イベント

「多様性(ダイバーシティ)のある職場づくりのための実践セミナー」を開催しました。

2018年12月11日

平成30年11月27日(火)、青森商工会議所にて「多様性(ダイバーシティ)のある職場づくりのための実践セミナー」を開催し、企業関係者60名、6大学の学生13名の計73名が参加しました。

3名の講師の講演で様々な地域、業界での事例や実例を知り、ワークショップでは、Web上での効果的な情報発信のコツを学び、就職活動を経験した学生の意見を取り入れながら、施設ごとにスマートフォン向けWebサイトのレイアウトを模擬的に作成しました。

ワークショップの最後には各施設の作成したレイアウトを全員で投票し、他施設や学生からの反応を確認していました。

参加者からは「学生の生の声を聞けて大変参考になった。又、行動心理等、勉強になった」、「他業界の企業と採用についていろんな意見を交換できたのでとてもよかった」などの感想が寄せられました。

ダイバーシティセミナー ダイバーシティセミナー

「地域エネルギー産業・雇用創出促進フォーラム」を開催しました。

2018年12月11日

平成30年12月6日(木)、「地域エネルギー産業・雇用創出促進フォーラム」を弘前市内にて開催し、エネルギー業界関係者、自治体関係者、学生など計81名が参加しました。

本フォーラムは、太陽光、風力、バイオマスなどの地域のエネルギー資源を地域が主体となって有効活用する「地域エネルギー事業」の創出に向けて、その担い手となる人材の育成と、技術動向等の情報発信による地域志向教育を通じて学生の地域定着促進を目的として開催されました。

青森県エネルギー開発振興課の坂本敏昭課長と、弘前大学の曽我亨副理事の開会挨拶の後、物質・材料研究機構ナノ材料科学環境拠点技術統合化ユニット長の古山通久氏、広島大学工学研究科教授の市川貴之氏、一般社団法人離島エネルギー研究所理事の木村誠一郎氏が講演を行いました。

講演後は参加者から活発な質問がなされるなど、大変有意義なフォーラムとなりました。

エネルギーフォーラム エネルギーフォーラム

エネルギーフォーラム エネルギーフォーラム

「青森で働くこと、本気と本音の交流会」を開催しました。

2018年12月04日

平成30年12月1日(土)、青森市のAOMORI STARTUP CENTERで、「青森で働くこと、本気と本音の交流会」を開催しました。弘前大学、青森中央学院大学、青森公立大学、八戸学院大学の学生30名と、県内の企業経営者10名、一般参加者や行政、企業、大学関係者等およそ20名が参加し、本気と本音の意見交流を行いました。

交流会では最初に青森商工会議所の西副会頭より、地域で働くこと、地域で生きていくことについてご講演いただきました。次に青森中央学院大学の高山地域連携センター長から、採用氷河期と言われる現在、青森の大学生と企業の動向についての紹介があり、いよいよ参加者が本気と本音で語るワークショップへ。参加者は5グループに分かれ「あおもりで、素敵に働くには?」をテーマに、学生から経営者から多岐にわたり意見が出され、青森の魅力や夢広がる話題で盛り上がりました。

本気と本音の交流会 本気と本音の交流会

本気と本音の交流会 本気と本音の交流会

本気と本音の交流会 本気と本音の交流会

本気と本音の交流会 本気と本音の交流会

ページ上部へ戻る
トップページ