関連イベント

―終了しました―「青森で働くこと、本気と本音の交流会」開催のお知らせ【平成30年12月1日開催】

2018年10月26日

県内大学生と県内企業関係者の交流会です

本気と本音の交流会

「青森で働くこと、本気と本音の交流会」チラシ

問合せ先:青森中央学院大学COC+事業推進事務局
TEL 017-728-8161
acgu-coc@aomoricgu.ac.jp

イベントは終了しました。
「あおもりで、素敵に働くには?」をテーマに、大学生と経営者の皆さんによるワークショップを行います。本気と本音で語り合いましょう!

日時 平成30年12月1日(土)13:00~16:30
会場 あおもりスタートアップセンター
(青森市新町1-2-18 青森商工会議所会館1F)
定員 50名(会場スペースに制限があり、定員になり次第、お申し込みをお断りする場合があります)
参加料 無料(要事前申込)
参加対象 県内大学生・県内企業関係者
内容 ■講演「地域に生きるということ」
講師:青森商工会議所副会頭 株式会社西衡器製作所代表取締役社長 西秀記氏
■青森にくらす大学生の動向
青森中央学院大学地域連携センター長 高山貢
■AOMORI TALK&CAFE
総合コーディネーター:青森中央学院大学キャリア支援センター・アドバイザー 向中野光秀
参加申込 青森中央学院大学COC+事業推進事務局まで氏名、大学/企業名、学部/学年/所属、住所、電話番号を記載の上、メールでお申し込みください。
主催 青森COC+推進機構

―終了しました―「多様性(ダイバーシティ)のある職場づくりのための実践セミナー」開催のお知らせ【平成30年11月27日開催】

2018年10月19日

明日からの採用活動を変えるセミナーです。

多様性のある職場づくりのための実践セミナー

多様性(ダイバーシティ)のある職場づくりのための実践セミナーチラシ

問合せ先:青森県立保健大学 教務学生課 小向
TEL 017-765-2144
FAX 017-765-2188
joshicareer@auhw.ac.jp

イベントは終了しました。
皆さんの職場では、どんな人が働いていますか?
女性も男性も、若者も高齢者も、どんなライフステージの人も、イキイキ働ける職場ですか?
企業の様々な取り組みや魅力は、今の学生に伝わっているでしょうか?
第1部では、これからの企業に求められる多様性について学びます。また、取り組み事例等の報告をもとに、意見交換をします。
第2部は、参加企業の魅力をどうアピールするのか、現役大学生のアドバイスをもらいながら実際にホームページの作成を体験してみます。
明日からの採用活動を変えるセミナーです。
あなたも私もどんな時も、一緒に働けるそんな職場に

日時 平成30年11月27日(火)10:00~16:30
会場 青森商工会議所 7F研修室 (青森市新町1丁目2-18)
参加料 無料(要事前申込)
対象 青森県内の各企業 人事担当者を含む2~4名
(法人単位でも可。複数名でご参加ください)
定員 第2部のみ20社まで(先着順)
内容 【第1部 トークセッション】10:00~12:10
1.働き「やすさ」支援と働き「がい」推進の視点から

大分大学工学部教授・ダイバーシティ推進・COC+推進担当
石川雄一氏
2.看護職の働き方改革への挑戦
青森県立保健大学看護学科 講師 村上眞須美氏
3.みちのく銀行は次のステージへ~多様性を活かし、活力溢れる組織を目指して~
みちのく銀行 ダイバーシティ推進室 室長 佐藤佐依子氏
【第2部 グループワーク】13:00~16:30
講師:ディーシーティーデザイン代表 蝦名晶子氏
現役学生のアドバイスをもらいながらホームページの作成を体験します。
参加申込 チラシ裏面に必要事項をご記入の上、FAXまたはメールにてお申込ください。
【申込締切】平成30年11月9日(金)
主催 青森県(COC+事業)
共催 青森商工会議所
協力 COC+青森ブロック
企画 青森COC+推進機構 女子学生のキャリア支援WG
(青森県立保健大学・東北女子大学・弘前医療福祉大学・弘前学院大学・青森中央短期大学)

第1回「『採用力』向上セミナー」を開催しました。

2018年10月18日

平成30年10月17日(水)、県内企業の採用担当者を対象とした「『採用力』向上セミナー」の第1回目を青森市内にて開催し、青森県内企業採用担当者、自治体関係者、教育機関関係者ら約50名が参加しました。本セミナーは、県内学生の本音を紹介しながら、採用担当者を悩ませる「困った!」課題について、原因と対処方法を考えることを目的に開催いたしました。

吉川源悟COC+推進コーディネーターによる挨拶の後、弘前大学人文学部4年の田村槇さんによる「就活生はどのように企業を選んだか」と題した発表が行われ、弘前大学の学生が企業からの内定を承諾した事例について、紹介いたしました。

続いて、株式会社パフ専門役員の田代明久氏による「困った!内定を出しても学生が逃げてしまう」と題した講演が行われました。田代氏からは、今年度の内定状況や地域ごとの学生の特徴などのデータが紹介され、学生から内定承諾を得るには、丁寧に信頼関係を築く内定者へのフォローや、内定者に企業の特徴を整理させることが必要との説明がありました。

参加者からは、「自社の特徴について整理すべき点を改めて考えることができた」「学生の企業を決める傾向がタイプ別に分かれていて、よく理解できた」「今後の見直しやアクションのヒントを得ることができた」との声が寄せられ、大変有意義なものとなりました。

青森COC+推進機構では、11月にも「採用力」向上をテーマとしたセミナーを開催予定です。

採用力向上セミナー 採用力向上セミナー

採用力向上セミナー 採用力向上セミナー

ページ上部へ戻る
トップページ