関連イベント

ー終了しましたー「平成28年度 青い森の食材研究会セミナー」開催のお知らせ 【平成29年3月6日開催】

2017年02月23日

青い森の食材研究会セミナー

青い森の食材研究会セミナーチラシ(PDF)

問合せ先:青い森の食材研究会事務局
弘前大学研究・イノベーション推進機構
担当:山本
TEL 0172-39-3912
sangaku@hirosaki-u.ac.jp

イベントは終了しました。
この度、平成28年度青い森の食材研究会セミナーを下記日程にて開催いたします。

基調講演1では、公益財団法人日本健康・栄養食品協会機能性食品部部長 津布久昌二氏に『「機能性表示食品」適正広告の自主基準について』と題し講演いただきます。

基調講演2では、山形県工業技術センター庄内試験場主任専門研究員 菅原哲也氏に『「山形県地域農産資源の生理活性成分に特化した加工品開発」』と題し講演いただきます。

また、話題提供としまして公益財団法人21あおもり産業総合技術センターチーフコーディネーター 加藤哲也氏から講演いただきます。

多数の御参加の程お待ちしております。

日時 平成29年3月6日(月)14:00~16:00
場所 青森国際ホテル【芙蓉の間】 青森県青森市新町1-6-18
対象 食品製造加工業事業者・農林水産事業者・支援機関職員等
定員 100名
参加費 無料
内容 会長挨拶 14:00~14:05
青い森食材研究会 会長 加藤陽治
基調講演1 14:05~14:50
『「機能性表示食品」適正広告の自主基準について』
公益財団法人日本健康・栄養食品協会機能性食品部部長
津布久 昌二氏
基調講演2 14:50~15:35
『「山形県地域農産資源の生理活性成分に特化した加工品開発」』
山形県工業技術センター庄内試験場主任専門研究員
菅原 哲也氏
話題提供 15:35~16:00
公益財団法人21あおもり産業総合技術センター
チーフコーディネーター
 加藤 哲也氏
申込 チラシ裏面の必要事項をご記入の上、FAXまたはE-mailにてお申込みください。
申込締切 平成29年3月1日(水)
主催 青い森の食材研究会
共催 国立大学法人弘前大学
「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)

―終了しました―「洋上風力を含む海洋再生可能エネルギーの最新技術とその普及」開催のお知らせ【平成29年3月24日開催】

2017年02月20日

エネルギーの最新技術

イベントチラシ(PDF)

問合せ先:北日本新エネルギー研究所 
FAX 017-735-5411
njne@hirosaki-u.ac.jp

東京大学工学部機械工学科の荒川忠一教授による講演

イベントは終了しました。
荒川先生は流体シミュレーションの専門家で、風力エネルギーや海洋エネルギーの分野でご活躍です。東京大学を退職されます機にご講演を頂きます。

日時 平成29年3月24日(金)15:00~17:00
場所 弘前大学理工学研究科 1号館 第8講義室
参加費 入場無料
申込 講演会に出席を希望される方は、チラシの申込用紙に必要事項を記入の上、FAXいただくか、件名を「荒川先生ご講演」とし、所属・お名前を記載の上、メールにてお申込ください。定員を超えた時点で締め切ります。
申込期限 平成29年3月7日(火)まで
主催 青森COC+推進機構

ー終了しましたー地域教育プロジェクト 大学生と「子どもの貧困」―広がる「居場所」づくりー開催のお知らせ【平成29年3月4日開催】

2017年02月20日

大学生と貧困

「大学生と子どもの貧困」チラシ(PDF)

問合せ先:松本大(弘前大学教育学部)
TEL 0172-39-3474
dai@hirosaki-u.ac.jp

イベントは終了しました。
学習支援や子ども食堂といった「子どもの貧困」支援の現場では、大学生が重要な役割を果たしています。このシンポジウムでは、「大学生」をキーワードに「子どもの貧困」支援を考えます。

大学生を巻き込んだ「子どもの貧困」支援の可能性や課題とは何でしょうか?実際に活動している大学生、大人の方のご報告を伺いながら、皆さんで考えていきましょう!

日時 平成29年3月4日(土)14:00~16:30
場所 弘前大学教育学部 1階大教室
対象 一般市民、大学生
参加費 入場無料 事前申込不要
内容 第1部 報告
佐藤千恵子(八戸学院短期大学教授)
佐藤まさ(子ども食堂すこやかプロジェクト事務局長)
斎藤めぐみ(弘前市母子寡婦福祉会副会長)
相馬侑菜(弘前大学教育学部学生
関優帆・高橋廣成・松本知也・高沢奈緒・佐藤祥・小野舜太郎・細川楓夏・遠藤明梨(弘前大学教育学部学生)
第2部 ワークショップ
「これからの子どもの貧困支援の課題と展望」
企画 弘前大学教育学部社会教育研究室
ページ上部へ戻る
トップページ