関連イベント

―終了しました―「雇用対策フォーラム『地元企業の人材採用力とは』」開催のお知らせ【平成31年2月13日開催】

2019年01月25日

雇用対策フォーラム

雇用対策フォーラム チラシ(PDF)

問合せ先:八戸地区雇用対策協議会事務局(八戸商工会議所中小企業相談所経営支援2課)
TEL 0178-43-5111

TEL 0178-46-2810

イベントは終了しました。
全業種にわたり人材不足が表面化する中、地元学生やUIJターン就職希望者が、地元の企業で働きたくなるような人材採用力について学びます。

日時 平成31年2月13日(水)15:00~17:15
会場 八戸パークホテル(青森県八戸市吹上1丁目15-90)
参加料 無料(事前申込必要)
参加対象 企業の経営者・採用担当者、教育機関等の教職員など
定員 100名
内容 第1部(15:00~15:55)
基調報告「UIJターンに見る地元企業の人材採用力の条件」
八戸地域社会研究会 会長 髙橋俊行氏
講演「若者の地元定着向上に向けた採用戦略や地方行政支援に学ぶ」
人事労務コンサルタント 嶋田葵氏
第2部(16:00~17:15)
パネルディスカッション
「若者に選ばれる地元企業の採用戦略とは」

【パネラー】
<UIJターン就職者>
■公益社団法人八戸観光コンベンション協会主事 西野正紀氏
■株式会社ユニバース人事教育部人事グループ 三本木優希氏
<地元企業>
■八戸缶詰株式会社代表取締役 野田一夫氏
■株式会社山匠電気工業 代表取締役 山子泰典氏
<行政>
■八戸市商工労働観光部 次長兼産業労政課長 久保朝生氏
<講師>
人事労務コンサルタント 嶋田葵氏
【コーディネーター】
■弘前大学地域未来創生センター センター長 李永俊氏(弘前大学人文社会科学部教授)
申込方法 チラシの参加申込書にてお申込ください。
【申込期限 平成31年2月4日(月)まで】
主催 八戸地区雇用対策協議会
共催 青森COC+推進機構/八戸市/八戸商工会議所/弘前大学八戸サテライト/八戸地域社会研究会

―終了しました―「青森県のポテンシャルを活かした新エネルギー開発・事業化研究報告会」開催のお知らせ【平成31年2月7日開催】

2019年01月25日

エネルギー研究報告会

新エネルギー開発・事業化研究報告会チラシ(PDF)

問合せ先:弘前大学大学院理工学研究科 阿布里堤 教授
TEL 0172-39-3719
abuliti@hirosaki-u.ac.jp
青森県エネルギー総合対策局エネルギー開発振興課環境・エネルギー産業振興グループ
TEL 017-734-9378
FAX 017-734-8213
enerugi@pref.aomori.lg.jp

イベントは終了しました。
青森県では、太陽光、風力、バイオマスなどの地域のエネルギー資源が地域が主体となって有効活用する「地域エネルギー事業」の創出に向けて、その担い手となる人材育成に取り組んでいます。

このたび、青森県と青森COC+推進機構の共同により、これからのグリーン分野での事業化や事業拡大のヒントをつかんでいただくための最新トピックスを紹介するセミナー(第1部)と、今年度県が実施している「域学連携による実践的な調査研究」の成果報告(第2部)を合わせた研修講座を開催します。

本県の地域特性を踏まえた幅広い内容となっていますので、再生可能エネルギーにご関心のある方は是非この機会にご参加ください。

日時 平成31年2月7日(木)13:00~16:00(12:30~受付)
会場 ねぶたの家 ワ・ラッセ イベントホール
(青森県青森市安方1-1-1)
参加費 無料
対象 学生、一般県民、企業、自治体、団体等、再生可能エネルギーにご関心のある方
内容 【第1部】
開会挨拶
青森県エネルギー総合対策局長 石川浩明氏
国立大学法人弘前大学学長特別補佐 神本正行氏
<研究報告会>
最新の新エネルギーのトピックスについて

弘前大学地域戦略研究所新エネルギー研究部門
【第2部】
平成30年度地域エネルギー事業案件促進支援事業(青森県)」成果報告
参加申込 参加申込書(チラシ裏面)に必要事項を記載の上、FAX(017-734-8213)またはメールでお申し込みください。
【申込締切】平成31年2月5日(火)必着
主催 青森県、青森COC+推進機構

「弘前大学地域創生本部設置記念講演会」を開催しました。

2019年01月23日

平成31年1月15日、弘前大学創立50周年記念会館みちのくホールにおいて、「弘前大学地域創生本部設置記念講演会」を開催しました。

この講演会は、地域連携を戦略的かつ一体的に推進することを目的に平成30年10月地域創生本部(本部長・佐藤敬学長)が設置されたことを記念したもので、講師に三村申吾青森県知事を招き、会場には、幹部職員・教職員・学生、連携協定を結ぶ自治体・金融機関の関係者約300人が集まりました。

三村知事は,2019年度からの『青森県基本計画「選ばれる青森」への挑戦』について講演し、この中で、最重要課題は「人口減少克服」と捉え、人口減少に立ち向かう「攻めの農林水産業」、交流人口拡大の原動力となる「立体観光」、同大COI拠点プロジェクトとの連携強化など、これまでの取組や成果を身振り手振り、ユーモアを交え躍動的に解説し、『人口減少克服への道のりは決して平坦ではない、それでも、県民の皆さんが、「ここに生まれて良かった」「ここで暮らして良かった」と思えるような、幸福感にあふれる青森県をつくっていきたい。前例にとらわれず、新たな取組にも臆することなく、強い意志を持って取り組んでいく、新しい計画のもと、県民の皆さんと一緒に、積極果敢にチャレンジする!』と締めくくり、会場からは割れんばかりの拍手が響き渡り、参加者からは、「知事の意気込みを感じた」、「たいへん参考になった」、「お話しが具体的でわかりやすかった」など好評を得て、本講演会は盛会に終了しました。

三村知事 三村知事

ページ上部へ戻る
トップページ