関連イベント

地域教育プロジェクト「しめ縄づくり体験してみませんか?」を開催しました。

2016年12月22日

平成28年12月18日(日)、地域教育プロジェクト「しめ縄づくり体験してみませんか?」を開催し、弘前大学の学生7名が参加しました。

大半の参加が県外出身の1年生で、弘前市の地域の方々との交流の機会は今までほとんど無く、この度のしめ縄づくりを通して交流をすることができました。

しめ縄も既製品には触れたことはあったものの、一本の稲わらを処理するところから作るのは皆初めてでした。

多くの学生の参加があったことから、「若者がしめ縄づくりに関心を持ってくれるとは驚いた。この文化を守ってきて良かった。」という地域の声がありました。

しめ縄づくり しめ縄づくり

「地域おこし協力隊研修会に参加してみよう!」を開催しました。

2016年12月22日

青森COC+推進機構・弘前ブロックは、平成28年12月16日(金)に「地域おこし協力隊研修会に参加してみよう!」を弘前大学創立50周年記念会館2階岩木ホールで開催し、学生・大学関係者・自治体関係者など計40名(うち学生11名)が参加しました。

第一部では、岩手県二戸市の地域おこし協力隊OGである永井尚子さんから、地域資源活用による観光事業の企画運営に関してお話しいただきました。事業継続がしっかりと見込める収益性も重視した企画運営をされていた永井さんですが、「いかにお金を生み出していくか」という視点は、参加した学生にとっても非常に参考になったようでした。

第二部の県内地域おこし協力隊の活動ロードマップ作成では、協力隊と行政職員に加え、この度の参加学生を交えておこないました。任期終了後に起業・定住を志す協力隊の取り組みや、それに関する課題についての生の声を、学生は真剣に耳を傾けていました。

「地域で起業やイベントをおこなう難しさに触れることができ、今後の学生生活で取り組むべき課題を発見できて良かった」という感想もありました。

第一部と第二部の間では、名刺交換会も開かれ、この日に向けて名刺を作成してきた学生もおりました。永井さんをはじめ、県内の地域おこし協力隊や行政職員と繋がれたことを、今後の学生生活に役立ててくれたらと思います。

地域おこし協力隊研修会 地域おこし協力隊研修会

地域教育プロジェクト「やわラボに参加してみよう」を開催しました。

2016年12月22日

平成28年12月6日(火)、弘前大学コラボ弘大1階にて、社会人と学生の交流会「やわラボ」が開催され、学生9名(弘前大学生7名、弘前学院大学生1名、青森公立大学1名)、社会人8名が参加しました。

弘前市内でクラウドファンディングを実践されている社会人の方が参加され、そのノウハウを学生は真剣に聞き入っていました。実践者と交流できる機会は学生にとっては貴重なもので、今後はクラウドファンディングに挑戦する学生も現れてくるかもしれません。

次回のやわラボは1月12日(木)18時~20時半、場所はコラボ弘大1階フリースペースで開催されます。

やわラボ やわラボ

ページ上部へ戻る
トップページ