関連イベント

ー終了しましたー地域教育プロジェクト「民具の活用・保存を考えるフィールドワーク」開催のお知らせ【平成28年11月5日開催】

2016年10月21日

三沢プロジェクト

「民具の活用・保存を考えるフィールドワーク」チラシ

申込・問合せ先:
COC推進室 野口
noguchi@hirosaki-u.ac.jp

シリーズ「人口減少社会」

イベントは終了しました。
小川原湖民俗博物館(青森県三沢市)は、温泉の付属博物館でしたが、経営者交代後に閉館され、平成27年の春に解体が始まりました。小川原湖民俗博物館の民具は、南部の生活の変遷を知る上で、欠かすことのできない資料群でした。

国・県・市有形民俗文化財に指定されていたものは博物館などに移蔵され、残りの資料のうち300点が弘前大学に運ばれてきました。この度訪問する六川目小学校跡地にも数多くの民具が一時保管されています。

このままでは、青森県の貴重な文化財が失われる可能性があります。このような問題は全国的に起きているのも事実で、青森県だけの問題ではありません。

もしこの話を聞いて興味を持ってくれた学生がいれば、是非、このフィールドワークに参加してください。

日時 平成28年11月5日(土)13:00~16:00
集合場所 弘前大学文京キャンパス正門前 10:00集合
開催場所 三沢市六川目小学校跡地
※開催場所までは弘前大学公用車で移動します。
※弘前大学到着は18時頃になります。
参加費 無料
定員 3名(先着順)
参加対象者 弘前大学の学生 ※学年・学部は問いません
申込 名前・学籍番号・連絡先(電話番号)を記載の上COC推進室 野口までメールにてお申込みください。(定員に達し次第締め切ります)
申込締切 平成28年10月26日(水)昼12時まで
引率教員 山田嚴子(人文社会科学部 教授)
野口拓郎(COC推進室 助教)

地域教育プロジェクト「やわラボに参加してみよう」を開催しました。

2016年10月19日

平成28年10月18日(火)、弘前大学コラボ弘大1階にて、社会人と学生の交流会「やわラボ」が開催され、学生24名(弘前大学生14名、弘前学院大学生10名)、社会人8名が参加しました。

今回は、初参加の学生が今回はとても多く、最初は全体的に固い雰囲気でしたが、徐々に和やかな雰囲気となりました。弘前学院大学からの参加も多かったため、お互いの大学についての話も弾んでおりました。

就活を控える3年生が社会人に相談している様子も垣間見られ、今後はこのような場面が増えていきそうです。

次回のやわラボは平成28年10月27日(木)18時~20時30分、場所はコラボ弘大1階フリースペースで開催されます。

やわラボ やわラボ

ー終了しましたー地域教育プロジェクト「青年団の復活を目指す in 新郷村」開催のお知らせ【平成28年11月18日開催】

2016年10月18日

shingo_proj

「青年団の復活を目指すin新郷村」チラシ

申込・問合せ先:
COC推進室 野口
noguchi@hirosaki-u.ac.jp

シリーズ「人口減少社会」

イベントは終了しました。
地域に活力をもたらす役割を担う青年団。しかし、近年の過疎高齢化により、青年団の弱体化・消滅が全国的な課題になっています。

青森県内でも高齢化率が高い新郷村にて、青年団の復活をテーマにしたワークショップを開催します。学生の視点で切り込んでくれる方を募集します。

「過疎化を防ぐ取り組みに挑戦してみたい」、「将来は公務員として地域のために働きたい」、「新郷村に興味がある」、などの想いを持った学生の力を求めています。

授業等で参加が難しい場合でも、事前にアイディアなどをいただけたら助かります。
その際は野口(COC推進室)までご連絡ください。

日時 平成28年11月18日(金)13:30~16:00
集合場所 弘前大学文京キャンパス正門前 10:20集合
開催場所 新郷村役場
※開催場所までは弘前大学公用車で移動します。
※弘前大学到着は18時頃になります。
参加費 無料
定員 3名(先着順)
参加対象者 弘前大学の学生 ※学年・学部は問いません
申込 名前・学籍番号・連絡先(電話番号)を記載の上COC推進室 野口までメールにてお申込みください。(定員に達し次第締め切ります)
申込締切 平成28年11月10日(月)昼12時まで
引率教員 野口拓郎(COC推進室 助教)
ページ上部へ戻る
トップページ