関連イベント

サンマモルワイナリー社長による講演会「私のは『地方再生』」を開催しました。

2015年09月17日

幹部級職員を主な対象とした社会連携や地域貢献にかかるFD・SD事業の第9回目として、サンマモルワイナリー社長による講演会「私のは『地方再生』」を、平成27年9月8日(火)に弘前大学総合教育棟305講義室で開催しました。

この講演会は、先に行われた青森県基本計画等に関する説明会や、深浦町長による講演会等に続くもので、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を一層推進し、地域の再生・活性化の拠点となる大学を形成するため、地域を志向とした事業の展開や、地方企業としての経営ノウハウに対する見識を深めることを目的として開催されたものです。

講演会には、佐藤学長をはじめ、役員、部局長、教育研究評議員など幹部職員らが、また、弘前市役所職員など、学内外合わせて44名が出席しました。講演者の北村良久 有限会社サンマモルワイナリー代表取締役からは、父親の経営するグループ企業で、開発途中で頓挫したゴルフ場を買い取り、再開発に取り組んだ事業が紹介されました。また、青森県むつ市にある「サンマモルワイナリー」へ赴任し、青森県でのブドウ栽培の難しさや、新聞・テレビでの販売促進活動など、これまでに手掛けてきた企業再生やワイン生産の歩みについて説明がありました。

さらに、本学食料科学研究所とスパークリングワインの共同研究を展開している取り組みや、ブドウの絞りかすなどを餌にして育てた羊の肉を「フルーツラム」として生産する構想があることを述べ、今後の展望を語るなど講演会は盛況のうちに終了しました。

150908-01 150908-02

ー終了しましたー弘前大学起業家塾(第2回目)開催のお知らせ【平成27年10月7日開催】

2015年09月07日

starting

弘前大学起業家塾 チラシ(PDF)

問合せ先:弘前大学 研究推進部研究推進課産学連携推進グループ
TEL 0172-39-3912
メール jm3907@hirosaki-u.ac.jp

イベントは終了しました。

 このたび、弘前大学研究・イノベーション推進機構では、弘大発イノベーション創出に向けて、コラボ弘大等のインフラを活用し、特に学生や若手研究者の起業(VB)を促進することを目的として、下記のとおり弘前大学起業家塾(全6回予定)を開催します。

第2回目は、四元マーケティングデザイン研究室代表 四元正弘氏と、北海道大学産業・地域協働推進機構特任教授 荒磯恒久氏 をお招きして御講演いただきます。

 また、最終回にはビジネスコンテストの開催が決定しました。プレゼンテーション能力の養成とともに新たなビジネスプランの発掘及びイノベーション創出のきっかけを弘前大学から発信してまいります。
 皆様のご参加をお待ちしております。

日時 平成27年10月7日(水)18:00~20:00
会場 弘前大学総合教育棟3階 306講義室
受講料 無料
募集人数 100名(メールまたは電話で事前申込み・当日参加可)
※今回からの参加も可能です
内容 第2回セミナー
「ビジネス書には決して載ってないけどマーケティングで本当に理解すべき本質論」
【講師】
四元マーケティングデザイン研究室 代表
四元 正弘 氏
「イノベーションとアントレプレナーシップ」
【講師】
北海道大学 産業・地域協働推進機構 特任教授
荒磯 恒久 氏
※講演後に荒磯講師による個別相談会を開催します。
主催 国立大学法人 弘前大学(研究・イノベーション推進機構)

「青森地域COC推進協議会」を開催しました。

2015年07月27日

平成27年7月23日(木)、「青森地域COC推進協議会」を開催し、佐藤敬学長ら14名が出席しました。

平成26年11月に設立された同協議会は、平成26年度に本学が文部科学省に採択された「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に関する提言と評価を行うため、学長、理事、青森県知事、弘前市長、青森県内の企業関係団体の長及びNPO法人関係者らによって構成され、学長が会長を務めます。
(委員名簿はこちら

平成26年12月の開催に続き2回目となった今回の協議会では、平成26年度事業評価と平成27年度実施計画について、企画・教育・研究・社会連携の各担当理事が説明を行いました。

教育面では、平成28年度から実施する新しい教養教育に向けての試行や学生の自律的学修を支援するためのルーブリックの開発状況、研究面では「青森ブランド価値創造研究」の実施、社会貢献面では地域志向公開講座の検討と実施等が説明された後、各委員による意見交換が行われました。

三村申吾青森県知事の代理として出席した青森県企画政策部企画調整課長からは「県としても『学生発未来を変える挑戦プロジェクト』や『20代を変える「生き方ナビ」』など、大学と連携した事業をより一層進めていきたい。」、葛西憲之弘前市長の代理として出席した弘前市副市長からは「地元就職を支援するような企業情報を発信する取り組みも必要なのではないか。」など、活発な意見交換が行われた後、平成26年度事業評価及び平成27年度実施計画が了承されました。

佐藤学長 吉澤企画担当理事

伊藤教育担当理事 柏倉研究担当理事

大河原社会連携担当理事 石戸谷青森県企画調整課長

石戸谷青森県企画調整課長 蝦名弘前市副市長

蝦名弘前市副市長 青森地域COC推進協議会

ページ上部へ戻る
トップページ