関連イベント

青森市長による講演会「地方創生・人口減少克服に関する青森市の取組み」を開催しました。

2015年04月20日

幹部級職員を主な対象とした社会連携や地域貢献にかかるFD・SD事業の第7回目として,青森県青森市長による講演会「地方創生・人口減少克服に関する青森市の取組み」を、平成27年4月13日(月)に弘前大学創立50周年記念会館岩木ホールで開催しました。

この講演会は、先に行われた青森県基本計画等に関する説明会や、八戸市長による講演会等に続くもので、地域志向大学として県内全域での地域貢献活動を一層推進していくために、青森県東青地域の現状や同地域の将来ビジョンに関する見識を深めることを目的として開催されました。

講演会には、佐藤学長をはじめ、役員、部局長、教育研究評議員など幹部職員らが、また、弘前市や弘前商工会議所など、学内外合わせて56名が出席。講演者の鹿内博青森市長からは、「成長戦略本部」を設置した目的・組織体制についての説明があり、平成27年度の取り組みについて、出生率改善対策における助成制度及び、移住・定住対策における4つの事業などが紹介されました。

さらに、青森市の地域経済活性に向けた弘前大学との連携について、「ナマコの食ブランド化」への取り組み、青森市内にキャンパスがある「食料科学研究所」、「北日本新エネルギー研究所」との連携についても紹介があり、弘前大学との一層の連携の強化、充実も進めていきたいとの抱負が述べられました。

青森市長講演会 青森市長講演会

「新しい教養教育に向けたブレインストーミング及びKJ法勉強会」を開催しました。

2015年04月14日

平成27年4月7日、弘前大学21世紀教育センターが主催する「新しい教養教育に向けたブレインストーミング及びKJ法勉強会」に、COC推進室の西村が講師として参加いたしました。

本学では、教養教育改革の一環として教養教育にアクティブ・ラーニングの考え方を取り入れ、全学生が個人あるいはチームで能動的に学習していくための知識や技能・態度を習得することを目指しています。今回の勉強会は、平成28年度からの新たな教養教育の本格実施に向けて進められている、「基礎ゼミナール」、「地域学ゼミナール」へのブレインストーミング・KJ法試験導入に係るものです。

本年度の「基礎ゼミナール(一部)」、「地域学ゼミナール」では、学生たちが地域課題等の解決を主導できる力を身につけるための第一歩として、ブレインストーミング・KJ法といった思考法・発想法のノウハウを学修します。平成28年度からは、全学共通必修科目として「基礎ゼミナール」、「地域学ゼミナール」で全学的にブレインストーミング・KJ法を学んでいきます。COC推進室も、こうした教養教育改革の理念実現に最大限協力し、本学COCが掲げる「青森ブランドの価値を創る地域人財の育成」に向けて尽力していきます。

今回の勉強会では、「基礎ゼミナール」、「地域学ゼミナール」の試行担当教員の皆様を参加者として、ブレインストーミング・KJ法をワークショップ形式で練習しました。ご参加頂いた教員の皆様のご協力もあって、いずれのワークショップも和やかな雰囲気の下で進められました。ワークショップを通して、先生方にブレインストーミングやKJ法の意義や手続き、「コツ」のようなものを再確認頂けたとすれば、講師としては一安心というところです。 (COC推進室助教 西村君平)

20150413-01 20150413-02

20150413-03 20150413-04

20150413-05 20150413-06

20150413-07 20150413-08

brainstorming kj

「平成26年度弘前大学COCシンポジウム」を開催しました。

2015年03月04日

本学では3月3日(火)、「平成26年度弘前大学COCシンポジウム」を弘前大学創立60周年記念会館コラボ弘大八甲田ホールで開催しました。

このシンポジウムは、平成26年度に文部科学省「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に採択された本学の「青森ブランドの価値を創る地域人財の育成」に関連して、「地域の視点から教育改革を考える」をテーマとして開催され、教職員や学生、自治体関係者ら約100名が参加しました。

シンポジウムでは、佐藤学長による開会挨拶の後、講師として山形大学から理事・副学長の安田弘法氏を招き、「地域の大学とその教育について」と題した基調講演が行われ、山形大学におけるCOC事業の取組や実例などが紹介されました。

続いて「ユニバーサルな視点を持って地域課題解決に取組む人材とは」をテーマとしたパネルディスカッションが行われ、講師の安田氏のほか、伊藤教育担当理事、NPO法人理事長の米田大吉氏、人文学部4年の田中雄大さんがパネリストを務め、本学の教育における今後の取組や、地域が必要とする人財育成などについて発表が行われた後、参加者との間で活発に意見が交わされました。

佐藤学長  基調講演

安田山形大学理事・副学長  参加者

パネルディスカッション  伊藤理事・副学長

米田理事長  田中雄大さん

曽我副理事  佐藤学長

平成26年度弘前大学COCシンポジウム 実施概要

テーマ:地域の視点から教育改革を考える

日 時:平成27年3月3日(火)10:00~12:15
会 場:弘前大学創立60周年記念会館 コラボ弘大 8階 八甲田ホール
内 容:
    ■学長挨拶  弘前大学長 佐藤 敬
    ■基調講演
      演題 「地域の大学とその教育について」
        山形大学 理事・副学長 安田 弘法
    ■パネルディスカッション
      「ユニバーサルな視点を持って地域課題解決に取組む人材とは」
      【パネリスト】
        山形大学 理事・副学長 安田 弘法
        弘前大学 理事・副学長 伊藤 成治
        NPO法人プラットフォームあおもり 理事長 米田 大吉
        弘前大学 人文学部 経済経営課程 4年 田中 雄大
      【コーディネーター】
        弘前大学 副理事・人文学部教授 曽我 亨
主 催:国立大学法人 弘前大学

COCシンポジウム

弘前大学COCシンポジウム チラシ(PDF)

 

ページ上部へ戻る
トップページ