関連イベント

「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に係る連携・協力に関する協定を締結しました。

2015年12月01日

COC+協定締結式

本学は平成27年度の文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択されたことを受け、連携する大学等や自治体と、連携・協力に関する協定を締結しました。

本学が採択された「オール青森で取り組む『地域創生人財』育成・定着事業」は、青森県の課題である人口減少克服のため、本学と青森県内の8大学1高専、青森県、青森市、弘前市、八戸市、むつ市の5自治体が連携・協力し、「地域で生活し、地域で働き、地域創生に取り組む人財」の育成を進め、学生の地域就職率の向上、雇用創出を目指します。

11月26日に開催された協定締結式では、佐藤学長、三村青森県知事、鹿内青森市長、葛西弘前市長、小林八戸市長の代理として奈良岡八戸市副市長、宮下むつ市長、上泉青森県立保健大学長、小澤東北女子大学長、藤田八戸工業大学長、吉岡弘前学院大学長、大谷八戸学院大学長、花田青森中央学院大学長、下田弘前医療福祉大学長、久保青森中央短期大学長、岡田八戸工業高等専門学校長の15名が出席し、協定書に署名しました。

協定締結式に続いて「青森COC+推進機構」の第1回目の総会が開催され、機構の設立と、機構長に佐藤学長、副機構長に花田青森中央学院大学長と岡田八戸工業高等専門学校長、監事として上泉青森県立保健大学長と大谷八戸学院大学長が就任することが承認された後、活発な意見交換が行われました。

総会後は、連携する企業やNPOらの関係者も交えた情報交換会が開催され、佐藤学長、青山青森県副知事、加賀谷青森市副市長、葛西弘前市長、奈良岡八戸市副市長、宮下むつ市長が挨拶し、花田青森中央学院大学長が乾杯の挨拶を行いました。

会は和やかに進んだ後、中締めとして永澤弘前商工会議所会頭が挨拶し、大学等、自治体、企業・NPO等による「オール青森」体制の結束を深めました。

COC+協定締結式 COC+協定締結式

佐藤弘前大学長 三村青森県知事

青森COC+推進機構総会

佐藤弘前大学長 青山青森県副知事

加賀谷青森市副市長 葛西弘前市長

奈良岡八戸市副市長 宮下むつ市長

花田青森中央学院大学長 情報交換会

情報交換会 永澤弘前商工会議所会頭

三沢市 民具保存・活用プロジェクト

2015年11月11日

地域教育プロジェクト「残そう!南部の民具を次世代へ」

南部民具ビプロジェクト青森県三沢市の旧小川原湖民俗博物館に保存されていた民具の保存・活用について考えるプロジェクトに参加してみませんか?

平成27年11月20日(金)に弘前大学資料館にて、第1回目のワークショップを行うほか、三沢市にてフィールドワークを行います。

公務員・学芸員・教員志望や地域活性化に関心のある学生は、ぜひご参加ください。

三沢市民具保存・活用プロジェクト チラシ

募集内容

参加募集受付は終了しました。

参加対象者 弘前大学に所属する学生
第1回ワークショップ開催日 平成27年11月20日(金)15時~17時
集合場所:弘前大学資料館(文京キャンパス教育学部棟隣)
申込方法 弘前大学COC推進室・野口助教までメールで申込
締切:平成27年11月18日(水)まで
主  催 弘前大学

申込時の注意事項

  • 参加者は、学生教育研究災害傷害保険(学研災)等に加入する(している)必要があります。
  • 交通費は弘前大学が負担します。

プロジェクト概要

民具保存活用プロジェクト小川原湖民俗博物館(青森県三沢市)は、温泉の付属図書館でしたが、経営者交代後に閉館され、平成27年4月20日に解体が始まりました。

その際、民具救出に駆けつけたボランティアの中には、博物館内の民具の搬入作業を手伝った方もいて、「二度と手に入らないのに・・・」と嘆いていたそうです。作業は暗い中、ライトをつけながら行われ、余裕もないままダンボールに入れられました。

国・県・市有形民俗文化財に指定されているものは、博物館などに移蔵され、残りの資料のうち300点が弘前大学に運ばれてきました。

このままでは、青森県の貴重な文化財が失われてしまう可能性があります。このような問題は、日本全体で表面化してきているのも事実で、もはや青森県だけの問題ではありません。

もしこの話を聞いて興味を持ってくれた学生がいれば、是非とも、このプロジェクトに参加してください。特に、公務員・学芸員・教員志望、地域活性化に関心のある学生を募集しております。

民具の利活用を考えるミッションにはなりますが、特別な経験やスキルは求めてはおりません。どなたでも安心して参加ください。

講師

山田 嚴子

山田 嚴子 (やまだ いつこ)

弘前大学 人文学部 教授

プロジェクトに対する想い

 小川原湖民俗博物館の民具は、南部の生活の変遷を知る上で、欠かすことのできない圧倒的な資料群です。

 資料としての価値を損なうことなく、次の世代に伝えるために、学生の立場から一緒に考えましょう。

進行スケジュール

全日程に参加できない学生については、一部参加も可能です。

11月20日(金) 弘前大学にてワークショップ「民具に触れる」

弘前大学資料館にて、実際の民具に触れ、その形、手触り、歴史を実感します。
(ワークショップ後に簡単な会食も予定されています。)

11月28日(土) 三沢市にてフィールドワーク

民具活用のヒントを探すために、旧小川原湖民族博物館の跡地を見学したり、元・学芸員の方、三沢市教育委員会の方にお話を伺います。

11月29日~12月11日 グループワーク

11月29日~12月11日の間に、COC推進室の教員の支援のもとで、民具保存・活用のアイデアを、企画の形にまとめます。実際のグループで作業は2回、各1時間半を予定しております。

12月12日(土) 弘前大学にて成果報告会

民具保存・活用についての企画について、プレゼンテーションします。

スケジュールは相談次第で融通が効きます。

本プロジェクトに対しての質問・相談

弘前大学COC推進室 西村まで
TEL 0172-39-3863

西目屋村 地域メディア魅力向上プロジェクト

2015年11月11日

地域教育プロジェクト「テレビ番組つくってみます?」

西目屋テレビプロジェクト弘前市の西隣にある人口1,500人の小さな村、西目屋村の全世帯に整備されているケーブルテレビ「西目屋テレビ(11ch)で放送する番組を制作するプロジェクトに参加してみませんか?
メディア関係や観光業界、地域活性化に関心のある学生を募集します。平成27年11月19日(木)にガイダンスを行いますので、ぜひご参加ください。

西目屋村地域メディア魅力向上プロジェクト チラシ

募集内容

参加募集受付は終了しました。

参加対象者 弘前大学に所属する学生
ガイダンス開催日 平成27年11月19日(木)12時~13時
場所:総合教育棟207講義室
申込方法 弘前大学COC推進室・野口助教までメールで申込
締切:平成27年11月17日(火)まで
主  催 弘前大学

申込時の注意事項

  • 参加者は、学生教育研究災害傷害保険(学研災)等に加入する(している)必要があります。
  • 交通費は弘前大学が負担します。

プロジェクト概要

西目屋村は弘前市の西隣に位置する人口1,500人の小さな村です。世界遺産である白神山地の玄関口であることで知られ、世界に誇る大自然が広がる美しい村でもあります。

近年、西目屋村の全世帯にケーブルテレビ「西目屋テレビ(11ch)」が整備されました。

本来、ケーブルテレビは住民に向けて地域の魅力や取り組みを伝えられる貴重なメディアの一つとして位置付けられています。

しかし、今現在、西目屋村テレビは文字だけの案内が中心となり、動画の配信においてはほとんどできていないのが現状です。

「西目屋村にも魅力的な地域の番組を!」という声が村からあがり、弘前大学がこれに協力する形で、本プロジェクトが始まりました。

もしこの話を聞いて興味を持ってくれた学生がいれば、是非ともこのプロジェクトに参加してください。特に、メディア関係や観光業界、地域活性化に関心のある学生を募集しております。

番組制作というミッションにはなりますが、特別な経験やスキルは求めてはおりません。どなたでも安心して参加ください。

特別講師・番組制作協力者

工藤健

工藤 健 (くどう たける)

「いつ・もの・こと目屋新聞」編集部

弘前市在住。2012年に東京都から弘前市にIターン。
「いつ・もの・こと」は、ご近所の井戸端会議や回覧板で話題になりそうな’いつもの’の日常をテーマにした地域メディアで、地域のコミュニケーションを豊かにし、人々の絆を育もうとするものです。

進行スケジュール

11月19日(木) 弘前大学内にてガイダンス

弘前大学内にて、地域教育プロジェクトの背景、西目屋村の実情、工藤氏の西目屋村との関わりなどを学修し、19日以降の取材プランを作成します。

11月20日~29日 西目屋村にて取材

工藤氏のサポートのもと、西目屋村にて住民の方々や自然や史跡等の取材をおこなっていきます。
現地での取材はこの期間の1日のみとなります。

11月30日~12月中旬 編集作業&放映

取材の振り返りをワークショップ形式で開催し(1日のみ)、番組をブラッシュアップしていきます。
完成された番組は、12月中旬頃に村内で放映されます。

12月中旬 弘前大学にて成果報告会

学内にて成果報告会を開催します。
報告会終了後は、懇親会を予定しております。
後日、成果報告書の執筆にご協力いただき、本プロジェクトは終了となります。

スケジュールは相談次第で融通が効きます。

本プロジェクトに対しての質問・相談

弘前大学COC推進室 西村まで
TEL 0172-39-3863

ページ上部へ戻る
トップページ