関連イベント

「青森県経済の現状と今後の展望等に係る説明会」を開催しました。

2014年12月16日

本学では、社会連携や地域貢献にかかるFD・SD事業として、幹部級職員を主な対象とした「青森県経済の現状と今後の展望等に係る説明会」を、平成26年12月9日(火)に弘前大学創立50周年記念会館岩木ホールで開催しました。

この説明会は、先に行われた青森県基本計画等に関する説明会に続く第4回目で、地域志向大学として地域貢献活動を一層推進していくために、青森県の経済に対する見識を深めることを目的として開催されました。

説明会には、佐藤学長をはじめ、役員、部局長、教育研究評議員など幹部職員らが、また、永澤弘前商工会議所会頭や弘前市商工政策課職員など、学内外合わせて46名が出席しました。

説明者の日本銀行青森支店 山口智之支店長からは、「青森県の経済は、数値的にはリーマンショック前まで回復したが、景気回復の実感は広く伝わっていない状況である。併せて、昨今の 急転している為替相場や国際状況にも注意を払う必要がある。」との現状分析が述べられました。

説明会後半には、日本銀行が展開している景気回復対策についての概要説明と活発な質疑応答が交わされ、出席者の関心の高さを感じさせるとともに、本学には地域経済へのさらなる貢献をお願いしたいとの要望がありました。

説明会 説明会

「学生と事務職員で取り組む、新しい大学」プロジェクト発表会を開催しました。

2014年12月15日

平成26年12月10日(水)に、弘前大学若手職員(会津、成田、佐藤、菅原、村井)による「『学生と事務職員で取り組む、新しい大学』プロジェクト発表会」を開催し、本学若手職員24名が参加しました。

このプロジェクトは、よりよい大学になるためには、学生と職員がともに大学づくりを考えることが必要であると考えた若手職員達が、若手職員同士の勉強会の場として、企画立案し、実施したものです。

本発表会のテーマは、「学生と事務職員がいっしょに青森に貢献する大学づくりをしていくために、必要なことは何か?」であり、テーマ設定の背景には、プロジェクトを進める中で、主催した若手職員達が、本学が、「平成26年度 文部科学省 地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に採択されたとの知らせを聞き、これからの大学づくりを考える上では、学生と地域のかかわりも重要であると考えたことがあります。

発表会では、伊藤教育担当理事の挨拶の後、他大学における取組事例を紹介し、3班に分かれてワークショップを行いました。
ワークショップでは、「農業体験と津軽弁講座のコラボレーション」や「学生に向けた一言自己PRを職員証に入れる」等、様々なアイディアが提案され、活発な議論が行われました。

発表会の参加者からは、「学生と接する時間を大切にしようと思った」、「COCのことを念頭において働こうと思った」、「これから、学生とともに大学を盛り上げていきたい」等の感想が寄せられました。
SD発表会 SD発表会
SD発表会 SD発表会
SD発表会 SD発表会

「青森地域COC推進協議会」を開催しました。

2014年12月09日

平成26年12月5日、「青森地域COC推進協議会」を開催し、佐藤学長、三村申吾青森県知事、葛西憲之弘前市長ら16名が出席しました。

今年11月に新設された同協議会は、平成26年度に本学が文部科学省に採択された「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に関する提言と評価を行うため、学長、理事、青森県知事、弘前市長、青森県内の企業関係団体の長及びNPO法人関係者らによって構成され、学長が会長を務めます。
(委員名簿はこちら

初開催となった今回の協議会では、各委員の挨拶の後、COC推進室長の吉澤企画担当理事、同副室長の曽我副理事から本学COC事業の概要や取組についての説明があり、各委員による活発な意見交換が行われました。

協議会の終盤では、佐藤学長による『「地域志向」大学改革宣言』が読み上げられた後、佐藤学長、三村知事、葛西市長の三者による握手が交わされ、本学と連携自治体の協力関係を再確認しました。

佐藤学長 学長と知事と市長

青森地域COC推進協議会 委員名簿

ページ上部へ戻る
トップページ